ただいまバイヤーの修行中、My Favoriteのnatchanです。
アメリカ買い付け中の話のほか、日々の生活のお気に入りやにこにこ情報をお届けします。

Thrift(スリフト)

皆さま、おはようございます。

日の出が遅くなりましたね。

朝5時、まだ薄暗い中をウォーキングしています。

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

ちょうどガンダム広場の前、シンボルプロムナード公園にはテントが並んでいました。

週末に、スポーツ系のイベントがあるようです。

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

さて、今日は買い付けの時には必ず寄るスリフトショップについて紹介します。

スリフトショップは、教会や慈善団体などが運営するリサイクルショップです。

寄付されたものを、種分けして値段をつけて再販しています。

収益は、援助が必要な方の生活、教育、就職斡旋などに使われています。

一部の教会では布教活動にあてられたりもしているようです。

 

私たちのよく行く中西部だと、Goodwill、Savers、Salvation Army、St.Vincentなどが代表的なスリフトショップで広範囲にチェーン展開をしています。

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

Goodwillは、2019年に創業100年を迎えています。

 

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

 

どのスリフトショップも店内はだいたいこんな感じです。

Tシャツから、セーター、コート、夏は水着も売られています。

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

 

靴やサンダルはサイズ別に並んでいます。

買ったけれど、サイズがあわなかったのか新品が寄付されて売られていたりします。

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

 

ガラスや陶器の食器、花瓶、絵皿、などなど。

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

時には、ビンテージ品が一緒に並べられていたり。

(ちゃんとそれなりの値段がついていました。)

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

 

数年前には、こんな夢のようなスリフトもありました。

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

 

家電コーナー、健康器具コーナー

掃除機や電子レンジは人気です。

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

家具や額、ランプなど。

ビンテージの家具などを見つけると、欲しくなってしまいます。

(車に積めないので、たいていは見るだけです)

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

一度ハーマンミラーチェアが2脚出た時がありました。(たしかGoodwillでした)

予想以上の高額で、店長出勤日に再訪して交渉しましたがダメでした(笑)

今はネットでなんでも検索できるので、検索して値付けをするお店が多くなりました。

コレクターさんなどが寄付をするときには

これはアンティークの〇〇だからと商品説明をして寄付する方もいらしゃるようです。

 

 

レジの周りはたいていアクセサリーや高額品コーナーです。

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite



最近のニュースで、Goodwillで時計を買ったら、本物のROLEXだったそうで

4,000ドルで売れたという記事を見ました。

購入した男性は、ROLEXと書いてあったので気に入って買ったそうで

本物とは思っていなかったようです。

 

以前からいらしたのですが、師匠いわく、特にここ数年

スリフトパトロールの方がすごく増えました。

 

朝いちばん、オープン前から並んで入り

何かを探すのではなく、『何か高く売れるものはないか』と探す人たちです。

最近は携帯のGoogleレンズの機能で、目の前にある品を撮影するだけで

これが何で、いくらで売られているかが瞬時にわかります。

何か良さそうなものを見つけると、携帯で検索をしています。

私たちがスリフトまわりをしていると、何度か一緒になったりもします。

 


スリフトはもともと、なんでも安く販売していて、新品が買えない人、生活用品を安く購入したい人のためのお店です。

寄付されたパンが置かれ、『一人2個までご自由にどうぞ』と書かれていたり

ジュースが置かれていることもあります。

朝いちばんに行ったスリフトが、すごい人なので何かと思ったら

野菜が届くのを待っている人たちだったこともあります。

オープン時間にスーパーマーケットから、たくさんの野菜が届いていました。

ある夕方にスリフトに行くと、買い物をするわけでもなく混みあっていたことも。

寄付されるケーキやクッキーが届くのを待っている人たちでした。

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

 

以前の秋の買い付けで、ビンテージのレディースの黒のウールコートを買おうとしたら

『冬物は1枚まで無料であげます』と言われ、申し訳ないなと思いつつ

いただいたことがあります。たしか小さな町のSalvation Armyでした。

師匠は、『今夜泊まるところはあるのか』と声を掛けられたこともあるそうです。

 

 

最近のエコ、リユースブームと、個人でも簡単に転売できる時世を反映して

スリフトショップも大きく様変わりしています。

一部のスリフトは、コレクターズアイテムや高額品をショーケースに入れ

セットで何百ドルという高値を付けていたり、オークション方式を取っていたりします。欲しかったものがオークション方式だと、翌日には移動してしまう私たちには残念ながら買えません。

 

時代とともに変わりつつあるスリフトですが、

まだまだ従来型のスリフトショップも存在しているので

地道に回っていくしかありません。

 

 

昔ばなしになってしまいますが、

以前教会系のスリフトショップで山盛りのオールドパイレックスに出会いました。

アンティークショップ並みの価格がついていましたが

まとめて買うからと粘り強く交渉して、Getしました。

⇒ 『衣装ケース3箱分』2019年9月のBlog

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

 

最近では、今年の1月にデッドストックのオールドパイレックス56枚をGetしました。

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

ちょうど閉店したレストランから寄付されたばかりだったようで

スリフトショップでの出会いは、タイミングもあります。

 

 

 

ちなみに、一定期間売れなかった商品はどうなるでしょう。

それらは、スリフトショップの最終基地なるところに運ばれます。

 

ここでは、売れ残った商品が大きな箱に入れられていて

自分の欲しいものがないか、箱の奥まで手を伸ばして探します。

1個いくらではなく、欲しいものの合計の重さで料金が決まります。

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

アメリカに買い付けに行くバイヤーさんの中には

この最終基地を中心にまわる方もいらっしゃるようです。

毎日あちこちのスリフトから売れ残りが届くので

毎日通うという方もいるようです。

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

だいぶ前に一度寄りましたが、雰囲気に圧倒されて早々に帰ってきました。

 

最終基地に行かずとも

スリフトでより安く買う方法に『割引』があります。

祝日などに、半額セールをするショップや

毎週決まった曜日がシニアデー(30%OFF)だったりもします。

またGoodwillやSalvation Armyでは、正札が色別になっていて

今週は黄色の正札が半額、紫色は30%引きなどと正面に掲示されています。

 

 

海外に行く機会があれば、スリフトショップにもぜひ寄ってみてください。

Googleマップで、現在地から『Thrift Store』と入力すると

きっと周辺にあるスリフトストアがいっぱい出てきます。

 

 

今日の最後はそんなスリフトショップSalvation Armyの隠れキャラです。

 

アメリカ買い付けの旅 My Favorite

 

いつかこの看板を入手したいと思っているのですが、

なかなか出会えません。

 

 

皆さま、いつもBlogをご覧いただきありがとうございます。

どうぞよい週末をお過ごしください。

 

 

ファイヤーキング、アメリカンビンテージ雑貨ならMy Favorite